いぼ痔の悩み、お気軽にご相談ください。
今は切らずに注射で治す方法があります。(ジオン注)

ジオン注による痔核治療を受けられる患者さんへ

痔とは、肛門や肛門周辺に起こる病気のこと。

痔の代表的な病気には、

  1. 痔核(いぼ痔)

  2. 裂肛(切れ痔)

  3. 痔瘻

の3つの種類があります。

「ジオン注」は脱出を伴う内痔核に対する治療法です。

1.痔核(いぼ痔)とはどのような病気でしょうか?

痔とは、肛門の少し奥にある血管に富んだ柔らかい部分の血管が力みなどによる肛門への負担により、血管が太くなり蛇行し静脈瘤のようになった状態。

痔核が放置され大きくなると痔核が肛門外に脱出する脱肛という状態になります。痔核には歯状線より直腸側にできる内痔核(痛みを感じない)と肛門側にできる外痔核(痛みを感じる)があります。

 

脱肛するような痔核は内外痔核とういう状態になっていることもあります。

2.ジオン注による痔の治療はどのようなものでしょうか?

ジオン注は脱出を伴う内痔核に対して行われる治療です。

 

ジオン注はALTA(アルタ)とよばれる薬剤を内痔核内に投与して痔核に流れ込む血液の量を減らし、痔核を硬くして粘膜に癒着・固定させる治療です。

 

痔核を切り取る手術と違って、痛みを感じない部分に注射するので「傷口から出血する」「傷口が痛む」ということはほとんどない治療法です。

ジオン注はひとつの痔核に対し右図のように薬剤を4か所に分割して投与しますので四段階注射法と呼ばれます。

 

麻酔は原則 肛門周囲への局所麻酔で行われます。

医療法人社団厚仁会 操外科病院

〒500-8088

岐阜市四屋町43番地
TEL:058-262-7711

FAX:058-265-0051

診療時間

月曜日から土曜日     09:00  - 12:30

                             15:00  - 18:00
※但し木曜日のみ     09:00  - 13:00
日曜日                   休診

© 2017 操外科病院